e!ココが新たに北海道・沖縄・大阪・福岡・栃木・群馬に上陸!! 準備中です☆ "コロナに負けるな"を合言葉に、e!ココは地域のお店を全力で応援しております。

bar Memphis

【テイクアウトも好評なお店!!】

今回、編集部が訪れたお店は、

千葉市稲毛駅西口のロータリーを右に曲がってすぐのビル二階。

飲食文化と音楽と融合した賑やかなバー、Memphisさんです!!

○まるで70年代アメリカ! ヴィンテージな世界観

入口の扉を開けると聞こえてくるのは味のあるアナログのサウンド。

ビンテージのタイルや椅子、60~70年代のピアノやスピーカーにアナログレコードが並んでいて雰囲気があります。

細部まで余念がなく、過去にトリップしたような気分を味わえる非日常な空間です

取材時もオーナー様が実際にアナログレコードを流して下さりました。雰囲気抜群です。

○音楽の一大発信地メンフィス

お店の名前はアメリカのテネシー州にある街、メンフィスから取ったそう。

メンフィスはアメリカの音楽史では重要な都市で、70年代過ぎまで音楽の一大発信地でした。

元々フットワークが軽く、当時フィラデルフィアにいたオーナー様。

南部をめぐる旅をして、メンフィスのとあるビールストリートでソウルが受け継がれているところを見て日本に持ち帰りたいと思ったそうです。

前より稲毛の街で飲むことが多かったオーナー様は、近辺のアナログで音楽を聞かせる老舗などで勉強。

そして駅からも近い現在の店舗でバーを始めたとのことです。

○珍しいワッフルチキンはマスト!! こだわりの料理やお酒の数々

bar Memphisに来たら、まずはイチオシのワッフルチキンを

ワッフルの上に揚げたスパイシーな味付けのチキンがのっ ていて、それにメープルシロップをかけて食べるアメリカ南部発祥の料理で、日本でも食べられるところは少ないといいます。

先日もアメリカ出身のお客様が、こちらのメニューをお目当てにわざわざ静岡からいらっしゃったとのこと。

アメリカ人もこの料理を好きな人が多く、チリソースをかけたりするそうです。

ハンバーガーはバンズ、フライドポテトも「専門店か?!」というくらい揚げ方などに力を入れています

また和牛ステーキも人気商品です。

シングルモルトウィスキーは200種類、クラフトビールも常時5種類を揃えているそうです。

女性のお客様にはワイン樽熟成のシングルモルトで作ったフルーティーなハイボールや、甘みのあるジャズベリー、さっぱりとしたブルックリンラガーがおすすめとのこと。

他にもカクテル類やワインも幅広く揃えているとのことで、お客様だけの一杯も作ってくださるそうです。

お料理はテイクアウトだけでもOK!!

ご自宅でもごゆっくりMemphisさんの人気メニューを堪能できちゃいます。

○日常から少し離れた異空間で癒されたい方にぜひ一度足を運んでいただきたい

店内の音楽もある程度音量も大きめで、それにも負けないくらいの声で接客。

肩ひじはらず、ワイ ワイガヤガヤしている感じを心掛けているとおっしゃるオーナー様。

ご自身の思いをそのまま表現できること、お客様と密になれることにやりがいを感じているそうです。

オーナー様はフットワークが軽くアクティブな印象で、様々な経験をされていそうな方なので、

お酒を片手に色々な話をするのも楽しそうですね。

今後もたくさんの方に70年代のアメリカ南部の世界観、そしてソウルフードの素晴らしさが広まりますように!

 

そんなbar Memphisさんの情報がこちら♪

店名 メンフィス (Memphis)
TEL

043-216-2735

住所 千葉県千葉市稲毛区稲毛東3-8-13 エクセレンス稲毛 2F
WEB https://inage-bar-memphis.owst.jp/
交通手段

稲毛駅徒歩1分

営業時間 [月・水・木・日] 18:00~翌1:00 [金・土] 18:00~翌2:00
定休日 火曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。