e!ココは、地域の編集部が、地域の女性とお店に寄り添って、地域の幸せを実現するための、新しいコミュニティーです。

curious cafe

今回、編集部がお邪魔したお店は、長野県上高井郡小布施町にあるカフェ「curious cafe(キュリオス・カフェ)」さんです!

「curious(キュリオス)」とは「奇妙な」「物珍しい」を意味する英単語。

見た目が真っ黒な「竹炭」を使ったメニューを中心に展開しているという物珍しさから、このネーミングにしたんだとか!

今回は、そんなちょっぴりユニークでおしゃれなカフェを紹介します。

志高く出店に向けて準備

調理学校を卒業したあとに名店が軒を連ねる軽井沢や長野のお店で腕を磨いたオーナーさん。

黙々と働きながらも、

自分のお店を出したい!

とずっと思っていたそうで、開店資金をためる毎日でした。

そんなオーナーさんは、まだ20代ととてもお若いので驚き!

なんでも「20代の勢いがあるうちにやっておいたほうがいい」と周りの後押しがあったこと、そして自分でも若いうちにチャレンジしておきたかったことから、20代での出店に踏み切ったんだそうです。

言うのは簡単ですが、それを形にする行動力と決断力を兼ね揃えたオーナーさんですね。

インパクト×健康

こちらのカフェがオープンしたのはなんとコロナ禍真っ只中の2021年6月のこと。

そんなこともあって、もともと「身体にいいものを提供したい」との思いが強かったんだそうです。そこで思い付いたのが竹炭をメインにした料理の提供。

身体にもよく、見た目にもインパクトがあって、他ではなかなか見られない。

まさに「curious cafe」さんだからこそのアイデアです。

デトックス効果のある竹炭料理

健康的な食事というといろんなものがありそうなものですが、その中でも竹炭を選んだ理由について、オーナーさんはこう語ります。

「竹炭には吸着効果があります。身体の中を掃除してくれるので、腸にたまった老廃物を吸収して身体の外へと排出してくれるんです。腸内環境を整えることは、便秘の改善やデトックスにつながります」

男女問わず、健康志向の人におすすめのカフェと言えるでしょう。

「身体にいい料理を提供する」ことにこだわっているので、極力、添加物も入っていないようなものを選んで提供しているそうです。

癖がないから食べやすい竹炭料理

先ほどから「竹炭料理」とは言っていますが、どういうことなのでしょうか?

上記の写真からもわかるとおり、通常のレモンスカッシュと比べると、竹炭レモンスカッシュは真っ黒!

これは食用の竹炭パウダーを混ぜているからです。

このようにドリンクに溶かしたり、パンやベーグルに混ぜ込んだりすることで色合い的には真っ黒になりますが、味としての癖はほとんどありません

オーナーさん手作りのメニューのうち、特に人気が高いのは「本日の竹炭ワンプレート」

竹炭が練り込まれたパンにサラダとスープ、自家製デリが付いたボリューミーな一品です。サラダ以外のメニューは都度変わるそうなので、注文する際は確認してみてくださいね。

また、「バスクチーズケーキ」をはじめとする竹炭を使ったデザートや「竹炭レモンスカッシュ」や「竹炭クリームソーダ」などのドリンク類も充実。

何度もリピートして全制覇したくなる魅力的なメニューが盛りだくさんです。

地元をもっと盛り上げていきたい

健康的な竹炭料理を提供すること以外にも、オーナーさんにはやりたいことがあります。

それは、地元でもある小布施町をさらに盛り上げていくこと

20代のうちに並々ならぬ努力と行動力で自身のお店を出すことに成功したオーナーさんですから、今後の活躍にも期待したいところですね!

店舗情報

【店名】curious cafe
【住所】長野県上高井郡小布施町東町507
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】木曜日、金曜日不定休
【Instagram】@curious__cafe