e!ココは、地域の編集部が、地域の女性とお店に寄り添って、地域の幸せを実現するための、新しいコミュニティーです。

NOMSON CURRY

今回取材させて頂いたのは、大阪メトロの谷町線・堺筋線のどちらからも歩いて行ける!

看板のかわいいキャラクター「ニャンピー」が目印の『NOMSON CURRY』(ノムソンカリー)さんです!

白地に黒い店名と「ニャンピー」が目を惹くポップな外観とは裏腹に、入口のドアはシックな木製。

元は喫茶店だったそうで、内観にもところどころその名残が見られます。

「ニャンピー」って何??

ノムソンカリーのキャラクターなんですよ♪♪

見てね➡ https://www.nyangpy.com/

4種のカレーの三角関係!?

NOMSON CURRYさんの代表と言っても過言ではないのが、この三角形です!

元々メインメニューであるカレーは日替わりで、4種類あるんです。

この4種類の内、3種類までがこの一皿で楽しめちゃうというスペシャルなメニューなんですよ。

そのメニューの名前が「三角関係」なんですね。

丸いお皿の中央にドドンと三角形のご飯が盛り付けられているのが特に目を惹きます。

ちなみに、4種類の内、1種類は固定メニューの「野村さん家のチキンカレー」です。

それ以外は肉カレー、キーマカレー、海鮮カレーという大まかなくくりの中でカレーを作られています。

過去のメニューには羊ロース、カツオ出汁、ちりめん山椒、イカ肝ゲソなど・・・とてもカレーとは結び付かない不思議な組み合わせがたくさん。

どのカレーもオーナーさんのこだわりから生まれた特別なメニューです。

ちなみに、どれも日替わりとのことなので、一日限定になるメニューもあるんだとか。

同じカレーだとしても、季節や日々の体感温度の違いからスパイスの配合を変えているそう。

まさに一期一会という言葉がふさわしいカレーなんですね。

なおさら全種類のカレーを制覇したくなっちゃいますね!

テイクアウトでも2種類のカレーが食べられる「愛がけ」がありますよ!

愛が極まった形が、お店

カレーが好き過ぎて、一日中カレーのことを考えている、とまで仰るオーナーさん。

様々なスパイスを自ら調合して作り上げる「スパイスカレー」

たくさんの種類から、どんなものを選ぶか?そして量は?状態は?

同じショウガでも生で入れるかパウダーで入れるかすら味の違いに繋がるそうです。

そうして選ばれたスパイスは全て手作業で粉砕。

「薬研」と呼ばれるすり鉢のような器具を使っていきます。

普通のお店は電動ミルで粉砕してしまうことも多いそうですが、こちらでは少しでも香りを良くする為に手作業なんだとか。

NOMSON CURRYはオーナーさんがこんな風に一人で仕込みを行っている為、カレーの在庫が無くなれば、その日の営業は終了です。

大阪は現在スパイスカレーのお店が増えて、まさに激戦区になりつつあります。

関西の出汁文化の良いところを取り入れつつ、たくさんのお店がそれぞれの味を作り上げています。

そんなライバル店舗が現れることも「美味しいカレーが食べられる」と喜んでしまう。

自分のカレーだけでなく、大阪に芽吹き始めたスパイスカレー文化を心から愛するオーナーさんなのでした。

 

そんな『NOMSON CURRY』さんの情報はこちら!

店名 ノムソン カリー (NOMSON CURRY)
受賞・選出歴
ジャンル カレーライス、カフェ、喫茶店
お問い合わせ

06-4393-8605

予約可否

予約不可

住所

大阪府大阪市浪速区日本橋東1-11-2

ノムソン カリー - 地図
交通手段 地下鉄堺筋線日本橋駅恵美須町
谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘
いづれの駅より徒歩7~8分程度阪神高速松原線 夕陽丘出入口のすぐそば
近隣にコインパーキング多数アリ四天王寺前夕陽ケ丘駅から590m
営業時間・
定休日

営業時間

ランチ
11:30~16:00(売り切れ次第終了)
ディナー
イベント時のみ

※なくなり次第終了
※臨時休業あり。SNSで要確認(twitter、Facebook等)

日曜営業

定休日

月曜日(臨時休業アリ) 営業情報はSNSにて告知

新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算
~¥999
予算(口コミ集計)
¥1,000~¥1,999
支払い方法 カード不可