e!ココは、地域の編集部が、地域の女性とお店に寄り添って、地域の幸せを実現するための、新しいコミュニティーです。

La patisserie KATSURA

今回ご紹介するのは天満橋駅近くにあるこちらのお店。

さっそくご紹介いたします!

本場フランスの技術と美しいケーキの数々

パティスリーの工房を眺められ、落ち着けるカフェスペース。

ゆっくりといろんなケーキを選べます。

ショーケースに整然と並んだケーキは美しく、目移りしてしまうほど!

家の近くに合ったらつい食後のデザートや休日のご褒美に買いに行ってしまいそうですね。

数ある商品を一つずつ見ていきましょう♪

 

こちらはシャルル

 

トロカデロ

 

ナシオン

 

 

イエナ

デコレーションにうっとりします。

 

タルトシトロン

定番商品だけでなく、イベントに合わせた商品も♪

バレンタイン商品もありますよ。

 

ひな祭りにはこちら♪

 

母の日のデコレーションケーキです。

どれにしようか本当に迷いますね~!

現地で直接学んだバスクチーズケーキ

オーナーの勝羅(かつら)様は製菓業界で数々のご経験を積んでこられた方です。

アメリカの大学を卒業後、ケーキ屋さんの製造バイトから始まり、見習いから5年間の経験。

それから資金を貯め、ワーキングホリデーでフランスへ行かれました。

帰国後は東京で3年間の勤務。その間に新店舗の立ち上げにも携わったそうです。

独立されて一年目。

その技術と経験がぎっしり詰まったお店になっています。

 

数あるケーキの中でもおすすめはバスクチーズケーキ

スペインのバスク地方で出しているお店の作り方を直接学んでこられたそうです!

東京では様々な場所で見かけるものですが、大阪にはなかったので本場により近い味で始められ人気メニューに。

元々ご自身でお店を持つなら天満橋近くで、と考えられており今の物件に出会ったそうです。

お店の名前の由来は?

自分の名字が「KATSURA」のため。パリで働いていたお店が ‘patisserie by 名前’ で格好良いなぁと思ったことからつけました。

クッキー1枚でも買いに行ける入りやすいお店へ

日本にあるフランス菓子のお店は重厚感があり、しっかりしていて入りにくイメージがあったというオーナー様。

一方フランスでは、食後のデザートを気軽に買いに行ける普段使いのケーキ屋さんであり、そのようなスタイルが憧れだったそう。

その思いから「入りやすい店」「カフェっぽいお店」「親しみやすいお店」というコンセプトにされています。

焼き菓子も豊富に販売!

インテリアはウッド調でまとめられており、カフェっぽい内観に。

店内にはパリ在住の時に購入したものを置いておりシンプルながらも素敵。

気軽にクッキー1枚でも買いに行きたくなる、そんな雰囲気です。

こちらはかぼちゃのブラウニー。トッピングのナッツがお洒落ですね。

自宅だけでなく、ギフトにも買っていきたいものばかりです。

 

自分のお店で自分が良いと感じたものを作り、買って頂いて美味しいという言葉を頂けること。

これが一番のやりがいと仰っておりました。

一緒に働かれている方も前職で繋がりのある元パティシエの女性スタッフの方。

信頼関係があるからこそ存分に想いを形にできるのだと感じます。

 

 

最後に読者の方に一言お願いします!

“この業界で自分の店を持つ”という中学生からの夢がかなって、今はまた違う目標を立て、新たなゴールに向かっています。目標を持って生きていた方が楽しいかなと思います。

 

着実にご経験を積んでこられ、子どもの頃からの夢を叶えられオープンへ。

ケーキに対する強い想いと、スタッフの皆さんのやりがいへの強い愛情が感じられる素敵なお店をご紹介しました。

店名 ラ パティスリー カツラ (LA PATISSERIE KATSURA)
ジャンル 洋菓子(その他)
予約・
お問い合わせ

06-6484-9934

予約可否

予約可

住所

大阪府大阪市北区天満2-1-8