e!ココは、地域の編集部が、地域の女性とお店に寄り添って、地域の幸せを実現するための、新しいコミュニティーです。

立ち飲み&モダンビストロ μ

今回、取材班が訪れたお店は、愛知県名古屋市にあるビストロ「立ち飲み&モダンビストロ μ(みゅー)」さんです!

「μ」という文字だけ見て一発で「みゅー」と読み当てられた人は、ギリシャ語を学んだことがある人か長さの単位に詳しい人でしょう。

「μ(みゅー)」とはギリシャ語の第12字(M)、あるいは長さの単位(ミクロン)を表す記号のこと。

とはいえ、この「μ」という記号を店名にしたのは「ロゴ(形)で覚えてほしかった」「あれってどういう意味なんだろう? と興味を持ってほしかった」ということなんだそうです。

カジュアルにワインを飲むなら

本格的なワインというと、どうしても高級なイメージが強くなってしまいますよね。

中には「自分では手が届かない」と思う人も多いのではないでしょうか?

でも実は、そんなこともないんです。

ひとくちにワインといっても値段やテイスト、飲みやすさなどの特徴は異なります

格式高いレストランでたしなむ高級なワインもいいですが、バーやビストロでカジュアルに飲み進められるワインもおすすめ値段がするからといって必ずしも自分に合っているとは限りません。

そんなこともあって、

若い人にも気軽にワインを飲んでほしいと思って、このお店を立ち上げました。古民家を改装して使っているのでややアクセスが悪い部分はありますが、それも隠れ家的ポイントになってよかったと思っています。

とのことです。

「このあとどこ行く?」「『μ』にしない?」

ワインへの敷居が高いと感じている若者たちに対して「カジュアルなワインカルチャー」を伝えようと尽力しているオーナーさん。

その目標は

「このあとどこ行く?」
「『μ』でよくない?」

気軽に訪れてもらえるようになることだそうです!

名古屋といえば「名古屋飯」が有名ですが、それ以外のフードカルチャーを作っていきたいと情熱を持って日々取り組んでいます

メインは「ナチュールワイン」

豊富なドリンクリスト

ワイン業界における「ナチュール」という言葉を聞いたことはありますか?

「ナチュール」とは英語で「ナチュラル」を意味するフランス語。

つまり自然派のワイン

日本でも近年「オーガニック」食品が流行しましたよね。この「ナチュールワイン」に関しての定義は曖昧だそうですが、いろんな国のナチュールワインが取りそろえられているのが「立ち飲み&モダンビストロ μ」さんの魅力です。

雰囲気を味わいに行くお店

オーナーさん曰く、

料理に自信があるのはもちろんなんですが、それよりも雰囲気を楽しみに来ていただきたいと思っています。

とのこと。

カジュアルにもフォーマルにもなる、立ち飲み&ビストロを兼ねそろえた雰囲気抜群のお店「立ち飲み&モダンビストロ μ」

ワインを傾けながら、気の合う人同士交流してみてはいかがですか?

店舗情報

【店名】立ち飲み&モダンビストロ μ
【住所】愛知県名古屋市中区栄3丁目11-15 LRDビル2F
【問い合わせ】052-211-9599
【アクセス】地下鉄東山線「栄駅」より徒歩5分/地下鉄名城線「矢場町駅」より徒歩5分
【営業時間】月~日、祝日、祝前日:17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)
【定休日】詳しくはネット予約カレンダーをご覧ください
【Web】立ち飲み&モダンビストロ μ